事前処理どうしてる?

VIO脱毛前の事前処理、どうしてる?

VIOでも腕でも全身でも脱毛サロンで脱毛してもらうなら、施術前に自宅で事前脱毛していかないといけません。
脱毛サロンごとでVIOラインの脱毛を手伝ってもらえるサロンやそり残しの対応などの違いを比較しました。
脇や腕、脚などの処理であれば自分で簡単に出来ますが、デリケートゾーンを自己処理するとなると処理範囲が見えないので難しいですね。
VIOラインを安全にそして綺麗に脱毛する方法を部位ごとに紹介します。


剃り残しがあったら施術してもらえないの?脱毛サロンのシェービングの対応は?

脱毛サロンでは事前に自己処理をしていても剃り残しがある場合は
剃り残しの部分を避けて照射
別途でシェービング代を払って処理してもらう
残っている量が多いと施術不可

など、導入している脱毛器によって綺麗に脱毛できる長さや各サロンで決められたシステム内容などによって、シェービングの対応が違います。

全国にある脱毛サロンの種類は多く、選ぶ際に迷われる方が多いかと思いますが、シェービングサービスから選んでみるのもいいかもしれませんよ。

人気の高い大手と言われている脱毛サロンのキレイモ、エタラビ、銀座カラー、エステティックTBC、ミュゼ、脱毛ラボについてシェービング時の対応を1つずつチェックしてみましょう。

脱毛サロンの見るとわかる♪シェービングサービス一覧表

サロン名 処理の時期 シェービングの料金 部位や補足
キレイモ 前日か当日 月額の場合有料1,000円。回数パックの場合は無料 回数パックの場合は背面箇所は事前処理なしOKサロンにて全部処理。その他部位は無料シェービング補助
エターナルラビリンス 脱毛時まで 補助vio以外は無料サービス VIOのみサービスなしで残っていた場合は避けて照射
銀座カラー 前日または当日 サービスなし 剃り残しは避けて照射
自前のシェーバー持参でI・Oラインのみ手伝いOK
エステティックTBC 前日または当日 サービスなし 剃り残しは避けて照射
ミュゼプラチナム 前日または当日 部位限定でシェービング無料サービス 襟足・背中上下・ヒップ奥・に限り手伝い。Vライン・Iラインは避けて照射
脱毛ラボ 当日まで 有料であり。VIOは1,500円、他1,000円 有料が嫌な場合は避けて照射も希望できる
【キレイモ】
・パックプランで契約していれば、IOラインや背中・うなじの手の届きにくい部位は事前処理不要で無料シェービングしてくれる。Vラインを含めたその他の全ての部位を無料でシェービング補助してくれる
・月額制プランであれば有料(1,000円)でシェービング補助。

【エタラビ】
・脱毛日まで自己処理必要
剃り残しがある場合は避けて対応
・ちなみにVIOライン以外の部位は無料でシェービングサービスを行っている

【銀座カラー】
・一切シェービングサービスはしていない
・剃り残しがある場合は避けて照射
・自前のシェーバー持参でI・Oラインは手伝ってくれる

【TBC】
・脱毛日の前日または当日までに自己処理必要
剃り残しがある場合は避けて対応

【ミュゼ】
・脱毛日の前日または当日までに自己処理必要
・襟足・背中上下・ヒップ奥(Oライン)限り無料で剃り残しのシェービング手伝い
・VラインとIラインは自己処理必要で、剃り残しがある場合は避けて照射

【脱毛ラボ】
・脱毛当日までに自己処理必要
・サロンでのシェービング可(VIOは1,500円)、有料シェービングが嫌な場合は避けて照射も可能


シェービングから見るとどのサロンが良い?

上の6サロンを比較してみたところ、VIOラインの剃り残しがあった場合は、避けて照射する場合がほとんどのようです。
脱毛ラボは有料でできますが、1,500円とちょっと高めのシェービング料金になっています。
また銀座カラーは自前のシェーバーを持っていけば手伝いをしてもらえるので、良心的な方だと言えます。

その中でもキレイモは月額制プランの場合は有料なものの、回数パックプランにしておけば無料で、しかもOラインとIラインは全く事前処理していなくてもシェービングしてもらえるから自己処理に不安を感じるならイチオシはキレイモですね!


VIO脱毛したい人に選ばれているキレイモの最新情報をチェックしよう!
キレイモ0円キャンペーンはこちらから

VIOラインの正しい事前処理法を部位ごとに紹介

そもそもVIO脱毛を行う前の自己処理はどのように行うのが正しいのでしょう。
使うと便利で安全な道具は?そして処理するときの手順をチェックして処理してみましょう。

Vラインの事前処理の手順

・Vラインの脱毛範囲を決めしょう。
・始めにハサミで毛を短くカットする。
・電気シェーバーを使って上から下に沿って剃る。

ポイント

脱毛範囲は何回目の脱毛かによって変えるといいですよ。
エステティシャンオススメの自然な形の作り方を参考に施術範囲を作ってみて下さいね
使う道具は電気シェーバーにしましょう。
やってはいけないことはカミソリで剃ることと毛の流れに逆らって剃ることは、肌への負担が大きいので厳禁です!

 

Iラインの事前処理の手順

・Vライン同様、ハサミで短くカットし電気シェーバーで剃ります。

ポイント

自分では完全に見えない部分なので手探りで処理しても剃り残しができやすいので、鏡を使って皮膚を伸ばしながら処理すると良いでしょう。
体勢的にはちょっと恥ずかしいかもしれませんが誰にも見られないようにこっそりどうぞ。
電気シェーバーといえども、何度も往復して剃っているととってもデリケードな部分なので赤みが出たりするので鏡を使って、さらに電気シェーバーの刃を軽く浮かせるようなイメージで行いましょう。

 

Oラインの事前処理

・始めから電気シェーバーを使って、お尻の曲線にそって外側から内側へと剃ります。

ポイント

Iラインよりも見えづらい部分になりますが、下に鏡を置いてしゃがみこむ姿勢をすると見えやすくなるようです。
シェーバーの形はT字型ではなく、顔そり用などのI字型のものが丸みに沿って剃りやすいのでおすすめです。

 

VIO脱毛にオススメの脱毛処理シェーバー

電気シェーバーはメーカーなど指定はありませんが、細かい部分も小回りがきくフェリエ顔用などがおすすめです。
ヘッドが動くタイプが力の入りすぎを防いでくれます。
電気シェーバーだと肌を傷つけたりしないので見えにくいIラインもOラインも剃り残しなくそりやすいです。
毛が太いので少しカットした面が見えるかもしれませんが、1~2ミリ以下ならほとんどの脱毛サロンで照射できるので深剃りにこだわらなくても大丈夫です。
シェーバーの刃は切れ味の良いものかをきちんと確認し、脱毛2日前に1回・脱毛前日に確認の意味を兼ねてさらに1回行うようにすると良いでしょう。
脱毛サロンごとに剃り残しに厳しかったり、少しならOKなどもあるので以下の表で確認しましょう!

 

オススメ関連ページ

脱毛サロンに行く直前の自宅での事前処理はしっかりしておかないと脱毛してもらえない?各脱毛サロンの脱毛補助の仕方やシェービング代の請求など細かく紹介
page top