脱毛前に肌トラブルの悩みを解決しよう!

脱毛サロンで脱毛する前に肌トラブルやアトピー、敏感肌などがあったら脱毛できないことも。

 

こんな時は脱毛できる?どうしたら解消できる?
原因から肌トラブルの解消方法、肌質やお手入れ方法まで脱毛サロンでの脱毛を効果的に受けられるようにまとめました。

 

<肌トラブル・悩み インデックス>
チェック VIOの黒ずみは脱毛できる?解消方法は?

チェック アトピーでも脱毛できる?

チェック カンジダ中は脱毛できるの?

チェック 花粉症の薬を服用後の脱毛は可能?

チェック 埋没毛をやっつけたい!解決法は?

チェック ムダ毛に白髪が!脱毛できないの?!

デリケートゾーンの黒ずみ。脱毛できる?

VIOに黒ずみがあっても脱毛はできます。

ですが、脱毛器の仕組みから、黒いものに反応するので、黒ずみがあるとどうしても痛みが強くなってしまいます。
アンダーヘアはそれでなくてもムダ毛の毛質が太くて痛みが強くなりがち。
そこに肌の黒ずみも加わると・・・。想像するだけでかなり痛そうですね。
また、痛いだけでなく脱毛の光が拡散してしまって、効果が半減してしまうデメリットもあります。
せっかくの脱毛なので効果が減ってしまうなんてもったいないですよね!
黒ずみは正しいお手入れと日頃の心がけでかなり改善できます。
原因と黒ずみ対策をしっかりチェックしましょう!

 

デリケートゾーンの黒ずみ、その原因は!?

そもそも何故、デリケートゾーンが黒ずんでしまうのか。
その原因を知ることも改善する為には必要なので、この機会に勉強しておきましょう。

 

結論から言うと、黒ずみの原因は「メラニン」です。
メラニンは紫外線によって生成されるイメージがありますが、実は刺激によっても生成されることが分かっています。
さらにデリケートゾーンは他の部位に比べ、皮膚が薄く刺激を受けやすい部位です。
その為、メラニンが生成しやすい部位とも言えるのです。

 

デリケートゾーンは下着や衣類の摩擦によって、ほぼ1日中刺激を受けています。
また生理時には経血がムダ毛に付着し、ムレて不衛生な状態になったり下着からムダ毛がはみ出し炎症を起こしてしまいがちです。
メラニンを生成する活動がもともと活発である、ということもあり少しずつ黒ずみ、それは年齢を重ねるごとに目立つようになってくるのです。

 

デリケートゾーンの黒ずみをどうにかしたい!と思うのであれば、メラニンの生成を弱めることがポイントとなります。

 

みんながしているデリケートゾーンの黒ずみケアは?

具体的な黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみ対策には、メラニンの生成を弱くすることが必須です!
その為には刺激を減らしてあげることが重要となります。

 

・下着のサイズは、少し余裕のあるものを選ぶ。
・素材はコットンやシルクなど柔らかく、通気性の良いものを選ぶ。
・身体にフィットしすぎるジーンズは避ける。
・生理時の不衛生を解消する。

 

などがスグにでも出来る黒ずみ対策です。

 

またアンダーヘアのムダ毛処理をカミソリやシェーバーで行っている方は、脱毛サロンなどでプロの脱毛をおススメします。
特にカミソリは肌の表面を傷つけながら毛を処理するので、黒ずみの大敵です。
今すぐやめるようにしましょう。
自己処理はダメージが大きく、せっかく改善の努力をしても水の泡です。
脱毛すれば生理時の不衛生も解消されますし、見た目も良くなります。
また最終的にはお手入れなしでも良い状態になるので、負担も軽くなります。

 

お風呂上がりの保湿と毛穴ケアも忘れずに!

デリケートゾーンの黒ずみ対策には、メラニンが大きく関係してきますがお風呂上がりの毛穴ケアを行うことも忘れてはいけません。

 

お風呂上がりは毛穴が開き乾燥しやすい状態です。
普段体に塗っている化粧水やボディクリーム、ボディオイルなどで大丈夫なので、デリケートゾーンの黒ずみが気になる部分にも塗ってあげましょう。そんなところまで?と思うかもしれませんが、きちんとお手入れをしてあげないと肌を傷めてしまったり、黒ずみの原因にもなります!!
注意点としては面膜は避けて塗って下さいね。デリケートな部分なのでしみたり、刺激でかぶれる可能性があるので、黒ずみが気になるショーツのラインを中心にお手入れするといいですよ。

 

黒ずみの解消を効果的にしたいなら、肌を引き締めたり、保湿効果のあるクリームやジェルでお手入れすれば毛穴も閉じますし、美白効果を持つイソフラボンやプラセンタ配合の化粧品を使えばより早く改善できるかもしれませんね。

 

 

デリケートゾーンのお手入れ方法を間違ってしまうと、下着や水着を上手に着こなせなかったりするので早めの黒ずみ対策をおススメします

アトピーでも脱毛エステで脱毛はできるの?

「アトピーだけれど脱毛エステで脱毛はできるの?」
こんな疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

 

脱毛エステには通いたいけれど、アトピーの症状が悪化したら嫌だし自分でもどうしたらいいのか分からない!というのが本音ですよね。

 

基本的にはアトピーの方でも脱毛可能なエステは多いのですが、症状や箇所は人それぞれ異なるので事前の確認は必須です!
各脱毛エステで一部条件はあるものの、アトピーだからといってすぐに断るということはありません。

 

アトピーの症状は人それぞれ!どのくらいなら大丈夫?

基本的にはアトピーの方でも脱毛することは可能ですが、症状によっては断られる場合もあります。

 

例えば荒れがひどく、傷になって出血している箇所はトラブルを起こす危険があるので断る脱毛エステがほとんどです。
また、アトピーに関わらず傷や炎症がある箇所は安全性を第一に考えると断るのが基本!
逆に傷があって出血しているにも関わらず、他の箇所と同じように脱毛するのは少しおかしいと思ったほうが良いでしょう。

 

照射前と照射後、気を付けることは?

照射前と照射後に特別なお手入れは必要なのか、その辺も気になるところですよね。
脱毛サロンにもよりますが、特別何かしなければいけないという事はありません。
ただし、アトピーの方は今まで行ってきたことを逆に減らすように指示されることはあります。

 

アトピーの薬として、ステロイドを使用している方もいるでしょう。
このステロイド、実は脱毛する際にレーザーやフラッシュの光に反応しやすく、火傷や色素沈着といったトラブルの原因にもなるかなり厄介な存在なのです。
ステロイド使用を止めれば脱毛は可能ですが、だいたい2週間ほどの中断は余儀なくされます。
ステロイドを1日たりとも欠かせない!という方は、担当医師に相談するなどしてみてください。

 

アトピー肌だから注意したいこと

安全性を第一に考えるとアトピーの方は最初に担当医師に相談し、脱毛してもOKと了承を得てから脱毛エステに行くようにしましょう。
脱毛エステによっては医師に診断書が必要な場合もあります。
事前に確認すると二度手間を防げます。

 

アトピーの方が脱毛するにあたって注意しなければいけないことがあります。
それは脱毛エステの選び方です。
多くの脱毛エステでは肌への刺激を考え、出来るだけ低刺激で脱毛出来る施術法を取り入れています。
しかしそれでもアトピーの症状が出て、一時中断したい場合も出てくるでしょう。
そんな時のことも考慮して、保証期間が無制限の脱毛エステを選ぶことをおススメします。
保証期間が長ければ一度中断したとしても、途中から再開することが可能です。
逆に保証期間が短いと焦って無理やり期間内に終わらそうとして、結果肌トラブルを起こすこともあります。
余裕を持つ為にも期間契約ではなく、回数契約を結ぶようにしましょう。

 

アトピーでも脱毛出来るサロンはあるの?

アトピーでも状態次第で脱毛出来るサロンは多々あります。
中でも特におススメの脱毛サロンを紹介したいと思います。

 

まず1つ目は「銀座カラー」です。
アトピーはもちろん、蕁麻疹や紫外線アレルギーなど肌トラブルを起こしやすい方でも通いやすい脱毛サロンで、回数契約が結べます。
皮膚科医であるクリニック院長の指導を元に開発された機器は、肌トラブルを回避し高い効果が期待できると評判です。

 

続いて紹介するのは「ミュゼプラチナム」です。
回数無制限、無期限、全額返金保証の3特典が付いているので安心して通うことができます。
公式サイトでは、健康状態が良好な人のみ施術可能となっていますが、アトピーの方でも断られることはほとんどないようです。

 

そして最後に紹介するのは「リンリン」です。
無期限ではありませんが、医療提携がある上にアトピーの方も多く通われている脱毛サロンとして人気があります。
店長さん自身もアトピーということもあり、親身になって相談に乗ってくれるところも魅力のようです。
もしお住まいの近くにあったら候補には外せない脱毛サロンと言って良いでしょう。

 

 

他にもアトピーでも脱毛可能なサロンは多々ありますが、まずは無料カウンセリングを受けてみるのが1番です。
サロンによってはテスト照射をしてくれるところもあるので、是非試してみて下さい。

5人に1人が経験しているカンジダ!アンダーヘア脱毛は可能?

女性なら誰もが発症する可能性のあるカンジダ!
治療中だけれどアンダーヘア脱毛はできるの?
またカンジダ予防の為にはアンダーヘア脱毛が効果的!?その理由とは?
5人に1人が経験していると言われているとても身近な存在のカンジダ。
詳しく知って、快適に脱毛しましょう。

 

カンジダはどんな症状?

デリケートゾーンに痒みやおりものなど不快な症状が起きている場合、カンジダを疑った方がいいでしょう。

 

清潔に保っているのに何で!?と思う方も少なくないはずです。
実は健康な女性でもカンジダ菌は常在しており、疲れやストレス、風邪などで抵抗力が低下することで症状を発症してしまうのです。
女性なら誰でも発症する可能性があるカンジダは、5人に1人が経験していると言われています。

 

意外にも私たちの生活に身近な存在であるカンジダは、治療中に脱毛することは出来るのでしょうか?
ムダ毛が気になる女性にとって、かなり重要なポイントとなるでしょう。

 

カンジダ治療中のアンダーヘア脱毛は可能?

カンジダを発症した場合、アンダーヘア脱毛は可能なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、答えはNGです。

 

理由としては、カンジダが発症する原因は主に免疫力が低下していることにあります。
その状態で脱毛をすると通常よりも刺激を受けやすくなり、肌トラブルを起こす可能性が高まるからです。
またカンジダの治療中は抗生剤などの薬を処方されることが多いのですが、脱毛中の薬の使用は基本的に断られます。
これもまた脱毛による刺激を受けやすくなるからです。

 

脱毛するならカンジダを治してから行うようにしましょう。

 

もしカンジダで治療を受けていること、薬を服用していることを報告せず施術を受けて火傷や色素沈着などのトラブルが起きたとしても自己責任となります。
カウンセリングの際に必ず申告することが重要です。

 

カンジダ予防に効果的なこと

カンジダ菌は女性なら誰もが持っている常在菌です。
言ってしまえば、性行為の有無に関わらず疲れやストレスなど免疫力が低下すれば、カンジダを発症することは誰にでも有り得ることなのです。

 

予防策としては、カンジダ菌はあたたかい湿気を好むので乾燥した状態を保つようにしましょう。
・入浴やシャワーの後は、完全に乾かしてから着替える。
・生理時のナプキンはこまめに変える。
・通気性の良い綿の下着を着用する。
・排尿や排便後は前から後ろに拭きとるようにする。

 

少し意識を高くするだけでカンジダを予防することは可能です。
これだけでも随分とデリケートゾーンは清潔な状態になりますが、アンダーヘア脱毛を行うと更にカンジダの発症率を下げることができます。
アンダーヘア脱毛はムレ対策や排便・生理時の経血の付着を予防するので、カンジダ菌が嫌う清潔な環境となります。
また下着や水着からのはみ出しの悩みも解消されるので一石二鳥です。

花粉症の薬を飲んでも脱毛できる?

花粉症の時期、薬を飲んで症状を抑えている方は多いかと思います。
病院で処方された薬、それに医薬部外品であればドラッグストアでも処方箋なしで購入することができるのでかなり手軽となっています。

 

では、脱毛中の方も花粉症の薬を飲んでも大丈夫なのでしょうか?
花粉症の薬を服用後、脱毛の施術を受けても問題はない?
もしかして断られたりするの?
知らないでおくと、トラブルの原因にもなるかもしれません。

 

脱毛中に花粉症の薬を飲んでも支障はない!?

Q.薬を服用中の場合、脱毛は受けられるの?
答えは、基本的にNGとなっている脱毛サロンが多いようです。
服用したとしても一定の時間を開ける必要があり、短いところでは施術前6時間というところもあれば、逆に長いと48時間空けなければいけないと決めているところもあります。
各脱毛サロンによって空ける時間は異なるので、必ずチェックするようにしてください。

脱毛中に飲んではいけない薬はこれ!

また場合によっては薬を服用したとしても大丈夫なものもありますが、抗生物質や抗不安薬、それに三環系抗うつ薬、経口抗真菌薬などは断られると思っていたほうが良いでしょう。
薬を服用することで肌が敏感な状態になり、レーザーやフラッシュ脱毛の影響を一時的に受けやすくなります。
つまり火傷や肌荒れなどの肌トラブルを起こす可能性が高まる、ということです。

 

ちなみに花粉症の薬も該当しているので、花粉の飛散時期には施術前にどのくらい時間を空ける必要があるのかは確認必須です!
他にも抗生物質を含む風邪薬、鼻炎薬や血流を良くする薬、うつ病の薬なども該当します。

 

脱毛サロンでは薬のを服用中か確認されます

脱毛サロンで施術を受ける前、カウンセリングで服用している薬の有無を必ず聞かれます。
花粉の飛散時期がピークの時は、「花粉症の薬を飲んでいないか?」と名指しする脱毛サロンもあるようです。
花粉症の症状は日頃薬を服用している人には1日薬を飲まないだけでもかなり辛いでしょう。
花粉症の薬も種類によっては脱毛を受けることができます。
自己申告なので言わなければわからないですが、花粉症の薬を服用でも受けられるか無料カウンセリングの時にしっかり確認しておくと「薬を飲んでるから受けられないです。」なんていうトラブルを避ける事ができます。

 

もし薬の服用を確認しない脱毛サロンならば、「あれっ?」と思った方が良いでしょう。
正直、安全性の確認を怠る脱毛サロンはあまりおススメできないので、トラブルを起こす前に思い切って、花粉の季節を避けてキャンセルするのもひとつの方法です。

毛が埋もれる埋没毛。どうすれば解消できる?

皮膚の下に黒いのがある…。もしかして埋没毛なのでは!?
埋没毛によって起きるトラブルとは?
対処法や正しい解消を身に付けることでキレイな肌を維持できます!

 

埋没毛の原因って何?

表皮の下に埋まってしまっている毛、それが埋没毛です。
脇やお腹、それにビキニラインが出来やすい部位と言われています。
そもそも何故、埋没毛ができるのかというと大概は間違った自己処理が原因となっています。

 

毛抜きや深剃り、逆剃りの処理によって毛穴が傷つくと傷どおしが癒着しカサブタとなって毛穴を塞いでしまいます。
処理された毛は時間と共に成長し、毛穴が塞がれ出れない状態に陥り、表皮の下でそのまま育ってしまうのです。

 

埋没毛をそのまま放置しておけば分解され最終的には消えてしまいますが、稀に色素沈着を起こしたり毛嚢炎(もうえんのう)という炎症を起こすこともあります。
人の目につくところなら尚更、気を付けたいですね。

 

埋没毛の正しい解消法

埋没毛による色素沈着や炎症を防ぐ為にも、早めに対処する必要があります。
解消する為にはピンセットや毛抜きを使ってつまみ出すのが1番有効的です。

 

つまみ出す前の準備
・入浴でしっかりと肌を蒸らして柔らかくする。
・使用するピンセットや毛抜きをよく消毒する。

 

つまみ出す時のポイント
・無理に引っ張らない。
・ゆっくりつまみ出す。

 

最後の仕上げ
・刺激性の少ない化粧水などでしっかりと保湿する。

 

埋没毛の処理で肌を傷つけて炎症を起こすこともあります。
正しい方法で処理するように心がけましょう。

 

埋没毛とおさらばしたい!そんな方におススメな対処法

 

埋没毛の対処法としては、脱毛が有効的です。
そもそも埋没毛の原因は間違った自己処理。
自己処理の手間がなくなければ必然的に埋没毛もなくなる、というわけです。

 

ツルツルな肌も手に入れられて、自己処理の必要も無くなるのですからこれほど魅力的なものは中々ないのでは!?

白髪は脱毛可能?それとも不可能?

口周りのヒゲや腕や足などのムダ毛に白髪が・・・!
白髪=毛髪というイメージがありがちですが、頭皮以外にも体の様々な部位に白髪は生えてきますよね。
脱毛しようと思っていたけど、白髪になっても脱毛ってできるの?

 

答えは「できます。」

 

あれ?でも脱毛って黒い色に反応するんじゃなかったっけ?と思った人は、脱毛サロンの脱毛の知識がある人ですね。
確かに多くの脱毛サロンで取り入れている光光脱毛(フラッシュ脱毛)は、メラニン色素に反応して効果を発揮します。
つまりメラニン色素は黒いので、残念ながら白髪には効果はありません。
もしあまり気にならない程度であれば、毛抜きなどで抜いて処理しても良いでしょう。
でも毛抜だと埋没毛のトラブルや、生えてきたらまた抜かないといけないので継続的に事故処理が必要になります。

 

 

やっぱり脱毛できないじゃない!とお思いでしょうが、脱毛できる脱毛方法も実はあるんです。

 

永久脱毛と言われている電気脱毛で解決!

電気脱毛ってなに?と思われた方も多いでしょう。

 

電気脱毛とは毛穴から1本1本に直接働きかけて処理するので、色に関係なく効果が期待できるのです。
さらに嬉しい事に永久的な効果を得られるので今後の自己処理の手間も省けます。

 

電気脱毛は眉毛や髭、それに陰毛に生えてきた白髪にも対応可能で、光脱毛ではあまり効果が期待できないと言われる産毛にもおススメです。

 

良いことばかりの電気脱毛ですが、光脱毛よりも若干痛みを感じるのがデメリットとなります。

 

そんな電気脱毛を受けられる脱毛サロンは、大手で言えばTBCだけと言って間違いないでしょう。

 

ミュゼや脱毛ラボ、銀座カラーなどは光脱毛なので、白髪には効果が期待できないと思ってください。

<悩み追加中!>脱毛する前に肌トラブルや悩みがあると脱毛できない?!原因から解決方法まで全部紹介!
page top