脱毛の自己処理パーフェクトガイド

人にはなかなか聞けないVIO脱毛の実態

脱毛サロンでの脱毛を成功させるには、自己処理の方法や仕方、こんな時はどうしてる?などの疑問を解決しちゃいましょう! うやむやのままにしておくと、きっと大きな不安となってしまいます。 正しい処理方法をすることで脱毛サロンでの脱毛効果の出方も違ってくるんですよ! …聞きたいけど聞けないVIOの脱毛途中の処理のこともあらゆる疑問にお答えします!!

脱毛途中はどうしてる?VIO脱毛に通い始めてからのムダ毛処理

次の施術が来るまでの間、みんなはどう処理しているの?

施術を終えて次回の施術を行うまで、少し期間が空きます。
だいたい1カ月から2カ月空けるのが一般的ですが、VIOラインは他の部位に比べると毛周期が若干遅めなので、2カ月以上空く場合もあります。
もし次回の予約までに毛が生えてきたら!?
どう対応するのが正解なのか、予めチェックしておきましょう。

脱毛サロンに通っている間も自己処理は必要でしょうか?

水着を着る機会が無かったり、さほど気にならない程度であれば自己処理せずに放置しておくのが無難です。
わざわざ自己処理で肌に負担を掛けることはありませんし、脱毛回数を重ねれば毛も細くなってくるので気にすることも無くなってきます。
また処理をする際は、ビキニラインのVラインのみに留めておきましょう。
IラインとOラインは自己処理は難しく、傷つけてしまう恐れがあります。
脱毛の前々日あたりに処理をする必要はありますが、それ以外は基本伸ばしっ放しという方は多いようです。

 

次の施術までの間に毛が伸びてきたらどう対応するべき?

基本的には脱毛日の前々日あたりに自己処理をするだけで構いませんが、それでも水着や下着からのはみ出しを気にすることもあるでしょう。
そこでおススメの自己処理法について説明したいと思います。

 

VIOラインはデリケートゾーンであり、皮膚が薄い部位なので出来るだけ低刺激な自己処理を心がけなければいけません。

 

肌に負担がかかりにくい顔用のシェーバーなどで処理するのが正解です!
剃るのではなく、ハサミを使ってカットするのも負担なく出来ます。
ハサミは毛先がチクチクするから嫌…という方は、VIO専用のヒートカッターを用意すると良いでしょう。
焼いてカットするので、毛先は丸みが出てチクチクすることはありません。

 

間違えても毛抜では抜いてはいけません。またブラジリアンワックスなども次の施術の効果が半減するのでやめたほうがいいです。
クリーム、カミソリなどもできるだけ避けて肌に負担をかけないようにすることが大切ですので、見えない部分や剃るのを我慢できそうなら伸びてきたけの処理はしないほうがオススメです。

 

ちなみに脱毛サロン前には自己処理が必要ですが、キレイに処理できる自信が無い方はプロにお願いすることも可能です。
別途料金は発生しますが、肌を傷つけることはありませんし剃り残しの心配もいりません。

 

 

どのくらい脱毛効果が得られればお手入れをしなくて済むの?

コレばかりは本人の満足度によるので、人それぞれでしょう。
また部位ごとにも産毛程度になれば良い部分やツルツルじゃないと、という部位もありそうですね。
VIOの場合はどうでしょうか?
Vラインは意外とまばらになっただけではかなり気になります。
それにショーツや水着からはみ出す部分にはちょろっとでも生えているといけないのでツルツルを目指したい部分です。
Iライン・Oラインは太い毛が生えなくなればそれほど気にならない人が多いですね。
つまりVラインはツルツル、I・Oラインは産毛程度まで脱毛が多数派なようです。

 

VIOラインのツルツルな状態になるまでの脱毛回数は?どのくらいが平均?

VIO脱毛はどのくらい脱毛回数を重ねれば効果が得られるのか?
まずはそんな質問に答えたいと思います。

 

そもそもVIOラインは、他の部位に比べると毛周期が遅く、脱毛効果が表れにくい部位だと言われています。
脇や腕、脚など比較的早めに効果が表れる部位に比べると「何でこんなに脱毛効果が現れにくいんだろう…」と感じるはずです。

 

個人差はありますが、だいたいの方は6回を超えたあたりから効果を実感し始め、12回で自己処理の手間は大分なくなります。
ツルツルな状態にしたいのであれば、15回を目安に脱毛回数を重ねたほうがいいでしょう。
ちなみに期間に換算すると最低でも2年、長くて3年は掛かると思って臨むことをおススメします。
最初から長く見積もっておけば、途中で焦ることもないはずです。

 

VIO脱毛が出来るブラジリアンワックスとは!?

手軽にVIO脱毛が出来ると話題のブラジリアンワックスは、本当に効果はあるの?メリットとデメリットを比較し、ブラジリアンワックスの実態を知りましょう。
アンダーヘアのワックス脱毛に興味がある方は必見です!

 

VIO脱毛が可能と話題のブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックス
近頃、ブラジリアンワックスを使ったVIO脱毛が注目されています。
ブラジリアンワックスとはアンダーヘアのワックス脱毛のことを言い、アメリカでは定番の脱毛方法として定着しています。
ちなみに名前の由来は、Tバック発祥の地であるブラジルで定着し広まったから…だそうです。

 

ブラジリアンワックスを使用したVIO脱毛は、基本的には自己処理となるので自らが施術者となります。

 

1.ワックスとヘラ、そしてシートを準備する。
2.脱毛したい部分(アンダーヘア)にワックスを塗り、ヘラで均一にする。
3.毛の流れに逆らい、シートを一気に剥がす。

 

以上がブラジリアンワックスを使った工程です。
一見、簡単そうに思うかもしれませんがワックスの量やヘラを使った調節は難しく、最初は失敗する人が多いようです。
また、シートをピタリと貼るのも至難の業で、慣れるまで回数を重ねなければいけません。

 

ブラジリアンワックスのメリットとデメリットは?

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット、それぞれきちんと理解しているでしょうか?
実際、ブラジリアンワックスを使用して脱毛サロンに通っておけば良かった…と後悔する人は少なくないようです。
メリットよりもデメリットのほうに目を向けて選べば、きっと後悔することはないでしょう。

<メリット>
チェック VIO脱毛が自宅で出来る

チェック 毛根から脱毛するので、ツルツルな状態が10日~3週間続く。

チェック 伸び始めはカミソリのようにチクチクしない。

チェック 1回で効果が得られる。(※肌の状態にもよります。)


<デメリット>
チェック 皮膚が薄いデリケートゾーンだけあり、肌トラブルが多い。

チェック 出血や毛穴の炎症、それに埋没毛の原因になることも。

チェック 毛の無い部分の皮膚の角質も一緒に剥がすこともある。

チェック 慣れないと失敗することもあるので危険。

チェック 定期的に行う必要があり、脱毛サロンとは違い終わりが見えない。

 

 

ブラジリアンワックスはすぐにツルツルな肌になりたい!という人には向いていますが、最終的にムダ毛処理の手間をなくしたい!という人には不向きです。

 

VIO脱毛するにはブラジリアンワックスはいい?

ブラジリアンワックスは1回でツルツルな肌に仕上がるかもしれませんが、それは成功した場合の話です。
そもそも自己処理のワックス脱毛になるので、慣れるまでが大変!
しかも脱毛する部位はアンダーヘアということもあり、万が一のことが起きたら取り返しのつかないことになるかもしれません。

 

また、毛の流れに逆らって処理をするので痛みも伴います。

 

そして最大のデメリットは、脱毛サロンとは違い終わりの見えない処理なので定期的にブラジリアンワックスを使用して脱毛し続けなければいけません。
1回に掛かるコストは抑えられても、長い目で見れば脱毛サロンよりも掛かることは目に見えていますよね。

 

ブラジリアンワックスよりも脱毛サロンのほうが安心安全ですし、終わりが見える分、選んで良かったと思うはずです。

 

アンダーヘアはセルフケアを続けるべき?それとも脱毛するべき?

アンダーヘアはセルフケアのままでいい?それともプロに任せるのが良いのか?
おすすめな方法を紹介します!

ズバリ!アンダーヘアのお手入れはセルフではなくプロに任せる

アンダーヘアは身体の中でもデリケートな部位なので、セルフ脱毛ではなくプロに任せたほうが安全です。
他にも仕上がりが全く違うところもポイントとなります。

 

カミソリや電気シェーバーでの処理方法は毛先がチクチクして下着や水着の表面からアンダーヘアがポツポツ出たり、パートナーに嫌がれたりします。
その点、脱毛サロンに至っては少しずつ毛が細くなり、最終的には脱毛完了となるので見た目もスッキリとし、パートナーに不快な思いをせずに済みます。

 

またワックス脱毛は、カミソリや電気シェーバーのように伸び始めがチクチクすることはありませんが、毛の無い部分の皮膚の角質も一緒に剥がして炎症を起こしてしまうことがあるので安全とは言えません。

 

どんな方法を選んでもセルフケアを続ける以上、定期的な自己処理が必要となり面倒に感じてくるでしょう。

 

アンダーヘアの主なセルフケア法

アンダーヘアの自己処理としては、カミソリや電気シェーバーが主流ですが、近頃ではワックス脱毛の一種であるブラジリアンワックス脱毛をする方も増えています。
しかしこれら全て、肌への影響や仕上がりのことを考えるのであれば止めたほうが良い方法ばかりです。
まずカミソリは刃が直接肌に当たるので、使い続けていくと肌荒れを起こしたり少しずつ黒ずんできたりします。
そして電気シェーバーに至っては、カミソリほど刺激は強くないものの脱毛ではないので定期的なお手入れは必須となります。

 

問題は近頃人気上昇中のブラジリアンワックスです。
ブラジリアンワックスは、アンダーヘア専用のワックス脱毛として主に海外のセルフケアとして定番化となっているようです。
しかし使い方を誤ったり、使用に慣れていないと毛穴の炎症や埋没毛などの肌トラブルを起こすこともあります。
また、ブラジリアンワックスは脱毛ではなく、あくまでも除毛なので自己処理はずっと続くと考えたほうが良いでしょう。

 

以上のことから脱毛サロンへ通っても期間はかかるかもしれないけど、数年後にはセルフ脱毛から開放されるのでプロに任せるのが良いでしょう。

 

脱毛の自己処理パーフェクトガイド記事一覧

なかなか人に聞けないムダ毛の自己処理。毎日の処理の方法から脱毛前・脱毛中のことまで、聞きにくいことも教えちゃいます♪
page top